家族葬と葬儀社の関係

subpage1

家族葬には、はっきりとした定義がないのですが、遺族や親しかった友人などを中心に少ない参列者で執り行われる葬儀の総称として使われることが多いです。

家族葬の詳細についてはこちらです。

基本的に葬儀の流れや必要となることは一般的なものと、ほとんど同じなのですが、少ない参列者で執り行われるので一人一人の気持ちを反映させやすいという特徴があります。
近頃は、想いを込めたいポイントに柔軟に対応できる料金体系の葬儀社が増えてきています。

必要となるものを選びながら、遺族と一緒に家族葬を葬儀社がつくり上げ、遺族それぞれの気持ちを形にできるように葬儀社が手伝ってくれます。

毎日新聞情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

遺族には歴史があり、人生がそれぞれに一つとして同じではないように、家族葬もそれぞれの人生を反映させて十人十色で執り行われています。



家族葬の持つ意味合いが人によって異なることによって、想定していない問題が起きることが多くなってきています。
少子高齢化の社会の流れから葬儀のスケールは必然的に小さくなってきていますが、知らせなければならい筋のある方や関係者がいるときには、礼を欠かすことがないように気をつける必要があります。


参列者を制限したり、故人が生前に築いてきた関係を無碍にしてしまうと、葬儀の後になってから連絡がなかったことを、咎められてしまう可能性があります。
やり直しができない葬儀で、周りの人に角を立てるような行為を行なってしまうと、遺された人たちにとって、あまり良い結果にならないです。

最新考察

subpage2

人生の最後のお別れの時を、親戚や親しい人達だけで見送って欲しいと願う人が増えています。ひと昔前であれば、住んでいる地区に訃報のお知らせの紙が回覧されて、地域の人の協力のもとお葬式をするということがありました。...

next

情報分析

subpage3

最近では、家族だけで行う葬儀が流行していますが、その理由として、葬儀費用を安く抑えることができるということがあげられます。ただ、家族葬とは、葬儀社が打ち出した商品名で、通常の葬儀とは変わりはありません。...

next

注目情報

subpage4

家族葬は、新しい葬儀のかたちです。従来であれば、僧侶を呼んで読経や法話を行ってもらうのが一般的でした。...

next

詳しく知りたいなら

subpage5

家族葬のメリットとして、遺族や親族などの親しい関係者のみの、少人数で行う葬儀のため、豪華な祭壇も必要なく、会葬者への香典返しや食事などを用意する必要がないため、低価格で行えるというメリットがあります。また、家族を中心とした近親者のみの参列となるので、会葬者に応対する必要もなく、個人とゆっくりとお別れできるということもメリットといえます。...

next